コマンドラインからの ARCserve の操作(デバイス管理編ライブラリデバイス)

製品名: ARCserveIT 6.61 Advanced Edition for Linux
BrightStor ARCserve 7 Advanced Edition for Linux
文書番号:021010659
最終更新日:2003.04.16


◆ 詳細内容

ARCserveIT 6.61 Advanced Edition for Linux および BrightStor ARCserve 7 Advanced Edition for Linux では、ブラウザを使用した GUI での操作以外で、コマンドラインからの操作が可能です。
本文書ではコマンドラインからデバイス管理を行う方法を説明します。


◆ 設定方法

始めにSCSI アダプタごとのデバイス情報を取得します。

# as_devmgr -adapterinfo

Adapter Number:   0  
Adapter Name: scsi0    
    Device 1  
    SCSI id: 5
    LUN id: 0
    Vendor: HP
    Product: C1537A
    Firmware: U812


    Changer 1  
    SCSI id: 5
    LUN id: 1
    Vendor: HP
    Product: C1557A
    Firmware: U812

さらに、Adapter Number、SCSI ID、LUN ID(上記の例では、0 5 0、0 5 1)を指定してデバイスごとの情報を確認します。

ドライブ # as_devmgr -deviceinfo 0 5 0
  Type: Drive
  SCSI id: 5
  LUN id: 0
  Vendor: HP
  Product: C1537A
  Firmware: U812
  Status: Enabled
  Device Sharing: Disabled

チェンジャ # as_devmgr -deviceinfo 0 5 1
  Type: Changer
  SCSI id: 5
  Vendor: HP
  Product: C1557A
  Firmware: U812
  Status: Online

次にそのデバイスが属しているデバイス グループを確認します。

# as_devmgr -groupinfo

Group Name: CH_GRP0    
  Device 1  
  Adapter Number: 0
  SCSI id: 5
  LUN id: 0
  Vendor: HP
  Product: C1537A
  Firmware: U812
  Status: Enabled

デバイスに挿入されているメディア情報を確認するには下記のコマンドを入力します。

まず、ドライブ部の情報を確認します。

# as_devmgr -mediainfo 0 5 0

  Name Id Seq Ser# Expiration
1 <<No Media Loaded>> 0000 0    

上記の場合、メディアがロードされていません。メディアがロードされた状態では下記のように表示されます。

  Name Id Seq Ser# Expiration
1 <<Blank Media>> 0000 0 N/A  

次に、チェンジャ部の情報を確認します。

# as_devmgr -mediainfo 0 5 1

Slot Name Id Seq Ser# Expiration Loaded WP
1 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   YES NO
2 <<Slot Is Empty>> 0000 0     -- --
3 <<Slot Is Empty>> 0000 0     -- --
4 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   NO NO
5 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   NO NO
6 <<Cleaning Cartridge>> 0000 0     -- --

第2、3スロットが空で第1、4、5スロットにブランク メディア、第6スロットにクリーニング テープが挿入されており、第1スロットのメディアがロードされていることを表しています。

例えば、第4スロットのメディアをロードする場合には、チェンジャの Adapter Number、SCSI ID、LUN ID とドライブの Adapter Number、SCSI ID、LUN ID および デバイス グループ名、ロードするスロット番号を指定します。

# as_devmgr -load 0 5 1 0 5 0 ch_grp0 4

実際にロードされたかどうかを確認します。

# as_devmgr -mediainfo 0 5 1

Slot Name Id Seq Ser# Expiration Loaded WP
1 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   NO NO
2 <<Slot Is Empty>> 0000 0     -- --
3 <<Slot Is Empty>> 0000 0     -- --
4 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   YES NO
5 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   NO NO
6 <<Cleaning Cartridge>> 0000 0     -- --

メディアをフォーマットする場合には、チェンジャの Adapter Number、SCSI ID、LUN ID、デバイスグループ名、フォーマットを行うメディアのスロット番号(ここでは5)、有効期限(ここでは2004年4月15日)、(メディアプールをご使用の場合)シリアル番号(ここでは10番)を指定して行います。

# as_devmgr -chformat 0 5 1 ch_grp0 SLOT 5 test5 04/15/2004 10

フォーマット終了後、メディア情報を確認します。

Slot Name Id Seq Ser# Expiration Loaded WP
1 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   NO NO
2 <<Slot Is Empty>> 0000 0     -- --
3 <<Slot Is Empty>> 0000 0     -- --
4 <<Blank Media>> 0000 0 N/A   NO NO
5 TEST5 bf39 1 10 04/14/2004 YES NO
6 <<Cleaning Cartridge>> 0000 0     -- --

メディアを消去する場合には、チェンジャの Adapter Number、SCSI ID、LUN ID、デバイスグループ名、消去を行うメディアのスロット番号(ここでは5)を指定して行います。オプションとして q(クイック消去)、qz(クイック消去プラス)、l(ロング消去)が指定できます。
シリアル番号を削除する場合にはクイック消去プラスを行います。

#as_devmgr -cherase 0 5 1 ch_grp0 qz

ドライブのクリーニングを行う場合には、クリーニング テープが最終スロットに挿入されていることを確認してから、チェンジャの Adapter Number、SCSI ID、LUN ID とドライブの Adapter Number、SCSI ID、LUN ID および デバイス グループ名、クリーニング テープが挿入されているスロット番号を指定して行います。

# as_devmgr -clean 0 5 1 0 5 0 ch_grp0 6

※ # は root のプロンプトです。


[ BrightStor ARCserve 7 for Linux Technical Support Topへ戻る ]    [ BrightStor ARCserve 7 for Linux 技術情報一覧へ戻る ]